最新情報&更新情報


2020.6.16 IOP Conference Series: Materials Science and Engineeringに投稿していた下記2編の論文が掲載されました.Open Accessですので是非ダウンロード下さい.
2020.5.30 高木教授が日本材料学会学術貢献賞を受賞しました.
http://www.jsms.jp/prize/shou_r1.htm

2020.5.18 Physical Review Eに投稿していた論文が掲載されました.
M. Ohno, Y. Oka, S. Sakane, Y. Shibuta, T. Takaki
Bayesian inference of solid-liquid interfacial properties out of equilibrium
Physical Review E 101(5) (2020) 052121.
https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.101.052121

2020.4.1 三好特任研究員が着任しました.

2020.3.30 坂根助教が着任しました.

2020.3.17 KIT・NEWS Vol. 53で当研究室を紹介して頂きました.
https://www.kit.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2013/12/kitnews53.pdf

2020.3.16 機械学会材料力学部門ニュースレターNo. 48において,高木教授の業績賞受賞の一言が掲載されました.
https://www.jsme.or.jp/mmd/NL48_R3.pdf
2020.3.25 坂根君(D3)光山君(M1)が,令和元年度 京都工芸繊維大学 学長賞を受賞しました.坂根君は,設計工学域から,光山君は機械物理学専攻からの受賞です.

2020.3.12 Computational Materials Scienceに投稿していた論文が採択されweb上で公開されました.
S. Sakane, T. Takaki, M. O
hno, Y. Shibuta, T. Aoki
Two-dimensional large-scale phase-field lattice Boltzmann simulation of polycrystalline equiaxed solidification with motion of a massive number of dendrites
Computational Materials Science, Vol. 178 (2020) 109639.
https://authors.elsevier.com/a/1ajH93In-uoxNq

2020.2.13 Acta Materialiaに投稿していた論文が採択されweb上で公開されました.
Y. Mitsuyama, T. Takaki, S. Sakane, Y. Shibuta, M. Ohno
Permeability tensor for columnar dendritic structures: Phase-field and lattice Boltzmann study
Acta Materialia, Vol. 188, 2020/04, 282-287. 
https://doi.org/10.1016/j.actamat.2020.02.016

2020.2.12 高木教授が日本機械学会 フェローに認定されました. (認定証
https://www.jsme.or.jp/about/fellow/list/fellow2019/

2019.12.18-21 台湾 台北で行われた国際会議APCOMにおきまして,高木教授がSemi-Plenary講演,坂根君 (D3),三好君(D3),和田君(M2),光山君(M1),福島君(M1),山中君(B4)がオーラル発表を行いました. http://www.apcom2019.org/
2019.11.3 高木教授が 「日本機械学会 材料力学部門 業績賞」を受賞しました.九州大学で行われた日本機械学会 M&M2019材料力学カンファレンスにおいて授賞式が行われました. (賞状

2019.11.1 高木教授,坂根君(D3),三好君(D3),佐藤君(OB)が「令和元年度HPCIシステム利用研究課題優秀成果賞」を受賞しました.THE GRAND HALL (品川)で行われたHPCI第6回成果報告会において,高木教授が成果発表を行い,授賞式が行われました. (賞状HPCI HP

2019.10.14 東北大学片平キャンパス金属材料研究所で開催された計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)シンポジウム&計算物質科学スーパーコンピュータ事業報告会2019において,高木教授が招待講演を行いました. http://pcoms.imr.tohoku.ac.jp/R01/PCoMS-Sympo2019/

2019.10.15-18 第5回材料WEEK 若手学生研究発表会において,光山君(M1)が発表をおこない,ベストプレゼンテーション賞を受賞しました. http://www.jsms.jp/kaikoku/5weekpro.htm

2019.9.26 カールスルーエ工科大学のKarlsruher Werkstoffkolloquiumにおきまして,高木教授が招待講演を行いました. https://www.iam.kit.edu/wk/352.php
2019.9.23-24 5th German-Japanese Workshop on Computational Mechanicsにおきまして,高木教授が招待講演を行いました. https://www.gacm.de/gj-workshop-2019/
2019.9.16-18 日本鉄鋼協会第32回計算力学講演会におきまして,三好君(D3),坂根君(D3),山中君(B4)がオーラル発表を行いました.https://www.jsme.or.jp/cmd/conference/cmdconf19/
2019.9.18 KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2019におきまして,高木教授が招待講演を行いました. https://www.jsme.or.jp/cmd/conference/KSME-JSME_2019/

2019.9.11-13 日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会におきまして,和田君(M2)がポスター発表を行いました.また,凝固過程の偏析・欠陥の3D/4D解析研究会「凝固過程の偏析及び欠陥の解析と定量化」および高機能溶融亜鉛めっき皮膜創成とナノ解析研究会最終報告会「高機能溶融亜鉛めっき皮膜創成とナノ解析」におきまして,高木教授がオーラル発表を行いました. https://www.isij.or.jp/lecture-meeting/2019autumn/

2019.9.11-13 日本金属学会2019年秋季(165回)講演大会におきまして,光山君(M1)がポスター発表を行いました. https://jim.or.jp/MEETINGS/2019_atmn/index.php
2019.9.9 Computational Materials Scienceに投稿していた論文が掲載されました.
T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Aoki
Large-scale phase-field lattice Boltzmann study on the effects of natural convection on dendrite morphology formed during directional solidification of a binary alloy
Computational Materials Science 171 (2020/01) 109209.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0927025619305087?dgcid=author
2019.9.7 ISIJ Internationalに投稿していた論文が早期公開されました.
E. Miyoshi, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta
Accuracy evaluation of phase-field models for grain growth simulation with anisotropic grain boundary properties
ISIJ International 60 (2020).
https://www.jstage.jst.go.jp/article/isijinternational/advpub/0/advpub_ISIJINT-2019-305/_article
2019.6.30 高木教授が日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰を受賞しました.

2019.8.22 冨田佳宏先生が,特任教授として着任されました.
2019.8.4-9 ベルギー ヘントで行われた国際会議Rex&GGにおいて,高木教授が招待講演,三好君(D3)がポスターセッションを行いました. http://www.rexgg2019.org/ 
2019.7.22-25 ドイツ ボーフムで行われた国際会議PF-19において,高木教授がPlenary講演,坂根君(D3)がオーラル発表,三好君(D3)がポスターセッションを行いました. http://pf19.rub.de/ 
2019.6.17-21 オーストリア ザルツブルグで行われた国際会議ICASP-5&CSSCR-5において,高木教授が招待講演,三好君(D3)がオーラル発表,坂根君(D3),光山君(M1)がポスターセッションを行いました.光山君(M1)が,Best Poster Awardを受賞しました. http://www.icasp5-csscr5.org/ 
2019.6.5 日本材料学会第68期学術講演会において,三好君(D3)が発表をおこない,優秀講演発表賞を受賞しました.
2019.5.7 Modelling and Simulation in Materials Science and Engineeringに投稿していた下記4編の論文が掲載されました.
  • T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta
    Competitive growth during directional solidification of a binary alloy with natural convection: two-dimensional phase-field study
    Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering 27 (2019) 054001.
    https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-651X/ab1a17/meta
  • Y. Shibuta, S. Sakane, E. Miyoshi, T. Takaki, M. Ohno
    Micrometer-scale molecular dynamics simulation of microstructure formation linked with multi-phase-field simulation in same space scale
    Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering 27 (2019) 054002.
    https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-651X/ab1d28
  • E. Miyoshi, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Aoki
    Large-scale phase-field simulation of three-dimensional isotropic grain growth in polycrystalline thin films
    Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering 27 (2019) 054003.
    https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-651X/ab1e8b
  • S. Sakane, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Aoki
    Acceleration of phase-field lattice Boltzmann simulation of dendrite growth with thermosolutal convection by the multi-GPUs parallel computation with multiple mesh and time step method
    Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering 27 (2019) 054004.
    https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-651X/ab20b9

2019.4.4 Computational Materials Scienceに投稿していた論文が掲載されました.
S. Sakane, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta
Simulation method based on phase-field lattice Boltzmann model for long-distance sedimentation of single equiaxed dendrite
Computational Materials Science 164 (2019) 39-45.
https://authors.elsevier.com/a/1YqVz_L4--HWl6
2019.3.25 佐藤(M2)が日本機械学会三浦賞学長表彰(学術研究活動)を受賞しました.

2019.3.21 日本鉄鋼協会第177回春季講演大会におきまして,高木(教授)がオーラル発表,光山(B4)が学生ポスターセッションを行いました.光山(B4)が,努力賞を受賞しました.

2019.3.10 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会において,光山(B4),福島(B4),一井(B4)が発表しました.
2019.3.2 Computational Materials Scienceに投稿していた論文が掲載されました.
G. Kim, T. Takaki, Y. Shibuta, S. Sakane, K. Matsuura, M. Ohno
A parametric study of morphology selection in equiaxed dendritic solidification
Computational Materials Science 162 (2019) 76-81.
https://authors.elsevier.com/c/1YfBs3In-ul7Aa

2019.3.1 高木准教授が教授に昇進しました.
2019.2.4 Materials Transactionsに投稿していた論文が掲載されました.
M. Ohno, Y. Shibuta, T. Takaki
Multi-Phase-Field Modeling of Transformation Kinetics at Multiple Scales and Its Application to Welding of Steel
Materials Transactions 60 (2019) 170-179.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/matertrans/60/2/60_ME201711/_article

2018.12.18 日本鉄鋼協会・日本金属学会関西支部鉄鋼プロセス研究会・材料化学研究会 平成30年度第2回合同研究会において,三好(D2),坂根(D2),佐藤(M2), 和田(M1), 光山(B4)が発表しました.三好(D2), 坂根(D2), 佐藤(M2)が,優秀発表賞を受賞しました.
2018.11.23-25 機械学会計算力学部門講演会(CMD2018)において,三好(D2),坂根(D2),光山(B4), 高木(准教授)が発表しました.三好(D2)が,Phase-Field Student Awardを受賞しました.

2018.11.5 Acta Materialiaに投稿していた論文が掲載されました.
T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Aoki
Permeability prediction for flow normal to columnar solidification structures by large-scale simulations of phase-field and lattice Boltzmann methods
Acta Materialia 164 (2019) 237-249.
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1359645418308395
2018.11.5 Computers & Fluidsに投稿していた論文が掲載されました.
S. Aihara, T. Takaki, N. Takada
Multi-phase-field modeling using a conservative Allen-Cahn equation for multiphase flow
Computers & Fluids (2018). in press
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0045793018305516
2018.10.28-11.2 The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018)において,高木(准教授)が招待講演,三好(D2),坂根(D2),佐藤(M2),森(M1)がポスター発表を行いました.三好(D2)佐藤(M2)が,The 9th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM2018) Poster Award を受賞しました. http://mmm2018.jp/
2018.10.10-12 55th Annual Technical Meeting of the Society of Engineering Sciences (SES)において,高木(准教授)が招待講演,三好(D2)がオーラル発表を行いました. http://ses2018.org/
2018.9.11 Advanced Theory and Simulationsに投稿していた論文が掲載されました.
Y. Shibuta, M. Ohno, T. Takaki
Advent of Cross‐Scale Modeling: High‐Performance Computing of Solidification and Grain Growth
Advanced Theory and Simulations 1 (2018) 1800065.
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/adts.201800065
また,本誌の表紙に私たちの画像が採用されました.
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/adts.201870020

2018.9.6 Journal of Materials Scienceに投稿していた論文が掲載されました.
E. Miyoshi, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, S. Sakane, T. Shimokawabe, T. Aoki
Correlation between three-dimensional and cross-sectional characteristics of ideal grain growth: large-scale phase-field simulation study
Journal of Materials Science 53 (2018) 15165-15180.
https://link.springer.com/article/10.1007/s10853-018-2680-y
2018.9.6 Materialiaに投稿していた論文が掲載されました.
T. Takaki, S. Sakane, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Aoki, C. -A. Gandin
Competitive grain growth during directional solidification of a polycrystalline binary alloy: Three-dimensional large-scale phase-field study
Materialia 1 (2018) 104-113.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589152918300103

2018.7.22-27 アメリカ ニューヨークで行われた国際会議WCCM2018において,坂根(D2),三好(D2),相原(D1),佐藤(M2),和田(M1)がオーラル発表を行いました. http://www.wccm2018.org/

2018.2.8 Computational Materials Scienceに投稿していた論文が掲載されました.
T. Takaki, R. Sato, R. Rojas, M. Ohno, Y. Shibuta
Phase-field lattice Boltzmann simulations of multiple dendrite growth with motion, collision, and coalescence and subsequent grain growth
Computational Materials Science 147 (2018) 124-131.
https://authors.elsevier.com/a/1WX7c3In-uhI-F

2018.2.1 Journal of Crystal Growthに投稿していた論文が出版されました.
S. Sakane, T. Takaki, M. Ohno, Y. Shibuta, T. Shimokawabe, T. Aoki, Three-dimensional morphologies of inclined equiaxed dendrites growing under forced convection by phase-field-lattice Boltzmann method, Journal of Crystal Growth 483 (2018) 147-155.
https://doi.org/10.1016/j.jcrysgro.2017.11.029

2017.12.2 日本材料学会関西支部第12回若手シンポジウムにおいて,三好(D1),奥西(M2),佐藤(M1)がポスター発表を行いました.三好(D1)が日本材料学会関西支部ポスター支部長賞を受賞しました.

2017.9.16-17 機械学会計算力学部門講演会(CMD2017)において,三好(D1),坂根(D1),相原(M2), 奥西(M2), 佐藤(M1),高木(准教授)が発表しました.坂根(D1)佐藤(M1)が,Phase-Field Student Awardを受賞しました.

2017.9.6-8 鉄鋼協会第174回秋季講演大会において,三好(D1)と高木(准教授)が口頭発表,佐藤(M1)がポスター発表を行いました.佐藤(M1)が,学生ポスターセッション努力賞を受賞しました.

2017.8.23 10th Pacific Rim International Conference on Modeling of Casting and Solidification Processes (MCSP2017)において,高木(准教授)が招待講演,三好(D1)と佐藤(M1)がオーラル発表,坂根(D1)がポスター発表を行いました.三好(D1)がBEST ORAL PRESENTATION AWARD,坂根(D1)と高木(准教授)がBEST POSTER PRESENTATION AWARDを受賞しました.

2017.7.19 高木(准教授)がJACM Fellow Awardを受賞しました.

2017.7.3 npj Computational Materials - Natureに「 Ultra-large-scale phase-field simulation study of ideal grain growth 」が掲載されました.

2017.6.13 坂根(D1)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞 を受賞しました.坂根君は,3月に行われる機械学会関西支部講演会において,学部4年生から修士2年生まで,3年連続で学生賞を受賞しました.

2017.4 科学研究費補助金 基盤研究(A) 「大規模計算とその場観察の定量的融合による革新的材料組織予測法の開発」 (研究期間:2017年4月1日〜2020年3月31日)が採択されました.

2017.4 三好(D1)が日本学術振興会特別研究員(DC1)に採用されました.

2017.4.5 Nature Communicationsに「Heterogeneity in homogeneous nucleation from billion-atom molecular dynamics simulation of solidification of pure metal」が掲載されました.

2017.3.24 三好(M2)が機械学会三浦賞を受賞しました.
2017.3.16 首都大学東京で開催された日本鉄鋼協会第173回春季後援大会の学生ポスターセッションにおきまして,坂根(M2)三好(M2)が優秀賞を受賞しました.

2016.12.04 Journal of Crystal Growthに投稿していた下記4編の論文がアクセプトされました.

2016.11.28 アメリカボストンにおいて開催された2016 MRS Fall Meeting & Exhibitにおいて,三好(M2)と高木(准教授)がポスター発表を行いました.

2016.10.25 Acta Materialiaの論文「Primary arm array during directional solidification of a single-crystal binary alloy: Large-scale phase-field study」が,Most Downloaded Acta Materialia Articlesにおいて最高第3位(2017.1.10〜2017.3.14)でした.

2016.10.21 中国青島市において開催されたIUMRS-ICA 2016 Secretariat_17th International Conference in Asiaにおいて,高木(准教授)がKeynote speechを行いました.

2016.10.12 アメリカ・La Jollaで行われたUSACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methodsにおいて,相原(M1)が発表しました.また,高木(准教授)がKeynote speechを行いました.

2016.10.12 京都テルサで行われた第2回材料WEEK 若手学生研究発表会において,奥西(M1)が発表を行いました.
2016.9.23 名古屋大学で行われた日本機械学会 第29回計算力学講演会(CMD2016)において,相原(M1),坂根(M2),三好(M2),高木(准教授)が発表しました.相原(M1)がPhase-Field Student Awardを受賞しました.

2016.9.22 大阪大学豊中キャンパスで行われた鉄鋼協会第172回秋季講演大会において,高木(准教授)が発表しました.

2016.8.5 単結晶二元合金一方向凝固の大規模phase-fieldシミュレーションによる一次枝配列挙動評価に関する論文がActa Materialiaに出版されました.Open Accessですので是非ダウンロード下さい.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1359645416305572

2016.8.5 京都国際会議場で行われた国際会議PRICM9において,三好(M2)と坂根(M2)がポスター発表,高木(准教授)が招待講演を行いました.坂根(M2)がPRICM9 Excellent Poster Award for Young Scientistを受賞しました. http://web.apollon.nta.co.jp/PRICM9/
2016.7.20 アメリカピッツバーグで行われた国際会議Rex&GGにおいて,三好(M2)と高木(准教授)がポスター発表を行いました. http://www.tms.org/meetings/2016/ReXGG2016/

2016.6.23 ISIJ Internationalに投稿していた二結晶二元合金の一方向凝固過程におけるデンドライト競合成長の大規模phase-fieldシミュレーションに関する論文がweb上で早期公開されました.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/isijinternational/advpub/0/advpub_ISIJINT-2016-156/_article
2016.6.1 新潟市で行われた第21回計算工学講演会において,三好(M2),坂根(M2),相原(M1),奥西(M1),高木(准教授)が口頭発表を行いました.また,坂根(M2)と高木(准教授)がグラフィクスアワード特別賞(ビジュアルコンピューティング賞)を受賞しました.

2016.5.17 中国西安市で行われたThe 4rd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidification, Casting and Refining (CSSCR2016)において,三好(M2)がポスター発表,高木(准教授)が招待講演を行いました.
http://csscr2016.nbicon.cn/en-us/92037.html

2016.5.17 神戸市で行われた国際会議Parallel CFD 2016において,坂根(M2)が口頭発表を行いました.
http://www.conf.kit.ac.jp/parcfd2016/

2016.4.27 三好(M2)がComputational Materials Scienceに投稿していた3D高次MPFモデルに関する論文が出版されました.
http://authors.elsevier.com/a/1Sxfd3In-uZgwa (6月15日までダウンロードフリー)
2016.3.22-25 日本鉄鋼協会第171回春季講演大会において,高木(准教授)と三好(M1)が発表を行いました.三好(M1)が学生ポスターセッション努力賞を受賞しました.
2016.3.11 日本機械学会関西支部第91期定時総会講演会において,坂根(M1)と三好(M1)が発表を行いました.坂根(M1)がメカボケーション学生研究発表ベストポスター賞を受賞しました.
2016.3.10 日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会において,奥西(B4)と相原(B4)が発表を行いました.相原(B4)がBest Presentation Awardsを受賞しました.ちなみに,今年は,本学機械から5件(全体で40件)の受賞がありました.
2016.3.10 2次元多結晶の一方向凝固過程における競合成長に関する論文が出版されました.動画もすべてみることができます.
http://authors.elsevier.com/a/1Sgmu50WDMX2P
2016.1.24 二元合金凝固に対する定量的phase-fieldモデルを変分原理から導出しその精度評価を行った論文が出版されました.
https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.93.012802

2016.1.9 1000万原子を用いた核生成・凝固のGPU MDシミュレーションに関する論文が出版されました.
http://authors.elsevier.com/a/1SLKQ4r9ST-~4L

2015.11.20 三好(M1)がComputational Materials Scienceに投稿していた論文が出版されました.
http://authors.elsevier.com/a/1S3ll3In-uUkjm

2015.11.15-18 ベルギーのスパで行われたThe 8th International Workshop on Modeling in Crystal Growth (IWMCG-8)において,坂根(M1),三好(M1),高木(准教授)が発表しました.

2015.10.14 The 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM III)において,Rojas (研究員)と高木(准教授)が招待講演を行いました.

2015.10.13 日本材料学会主催の第1回材料WEEKにおける若手学生研究発表会において,坂根(M1)と三好(M1)が発表しました.三好(M1)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました.

2015.10.10 日本機械学会 第28回計算力学講演会(CMD2015)の「OS20: フェーズフィールド法の新潮流」において,相原(B4),奥西(B4),三好(M1),片山(M2),Rojas (研究員),高木(准教授)が発表を行いました.三好(M1)が,Phase-Field Student Awardsを受賞しました.

2015.10.1 鉄鋼協会高温プロセス部会の部会誌「高プロToday2015 No.29」に坂根(M1)の「ポスター賞を受賞して」が掲載されています.

2015.9.18 NVIDIA主催のGTC Japan 2015において,高木(准教授)が招待講演を,坂根(M1)がポスター発表を行いました.

2015.9.17 9月16〜18日に九州大学伊都キャンパスで行われた鉄鋼協会・金属学会の秋期講演会において,三好(M1),坂根(M1),高木(准教授)が発表しました.金属学会のポスター発表において,坂根(M1)が優秀ポスター賞を受賞しました.

2015.8.27 GPUを用いた凝固MDシミュレーションによって均一核生成を表現した研究成果が,Scientific Reports に掲載されました.フリーアクセスですので是非ご覧下さい.
Y. Shibuta, K. Oguchi, T. Takaki, M. Ohno, Homogeneous nucleation and microstructure evolution in million-atom molecular dynamics simulation, Scientific Reports 5, Article number: 13534 (2015).

2015.7.22 JOM, Volume 67, Issue 8, August 2015の表紙に大規模phase-fieldデンドライト成長シミュレーションの結果を使って頂きました.フリーアクセスですので是非ご覧下さい.
Y. Shibuta, M. Ohno, T. Takaki, Solidification in a Supercomputer: From Crystal Nuclei to Dendrite Assemblages, JOM, Vol. 64, 2015/08, 1793-1804.
2015.6.24 国際会議MCWASP XIVにおいて,高木(准教授)が招待講演を,坂根(M1)がポスター発表を行いました.坂根(M1)のポスター発表がBest Poster Awardを受賞しました.

2015.6.11 6月21-26日に淡路島で行われる国際会議MCWASP XIVの論文Materials Science and Engineeringが掲載されました.
2015.6.10 つくば国際会議場で行われた第20回計算工学講演会において,坂根(M1),桑本(M1),三次(M1),高木(准教授)が発表しました.

2015.6.1 デンドライトが流れながら成長する現象を再現したphase-field lattice Boltzmannモデルの構築に関する論文がJournal of Computational Physicsにアクセプトされました.

2015.5.27 スパコンによるMDとPFの大規模凝固シミュレーションに関する論文がJOMに掲載されました.

2015.5.22 神経細胞成長に関する論文がMechanical Engineering Journalに掲載されました.

2015.5.20 イタリアベネチアで行われたCoupled Problems 2015において,桑本(M1)と高木(准教授)が発表しました.

2015.4.11 機械学会計算力学部門ニュースレターNo.53「特集:フェーズフィールド法」
2015.4.1 数値材料デザイン研究室のホームページを開設しました.

2015.3.25 吉本(M2)が日本機械学会三浦賞を受賞しました.
2015.3.25 三好(B4)が学長表彰を受賞しました.

2015.3.19 坂根(B4)が日本鉄鋼協会 第169回春季講演大会 学生ポスターセッション 努力賞を受賞しました.

2015.3.14 坂根(B4)が平成26年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会BPAを受賞しました.